2008年02月08日

夏ぐらいから自身は大分下り坂の人生だったが、周りはなかなか幸せそうだった。
地元の数少ない友人達は、結婚したり同棲を始めたりで、
気軽に飯を食いに行ったり酒を呑みに行ったりするのも難しくなった。
まぁそれはそれで良いんじゃないかなと思ってる。
新婚宅に招待されて飯など食ってると、自分は取り残されたような、
反面、幸せをお裾分けしてもらってるような妙な気分だったりして。

そんな心持ちだった矢先にじいちゃんの法事で田舎に行ったら、
結婚したばかりの従兄弟が離婚してた。一年持たなかったようだ。
式の案内が来ないけどまぁ、本人達と親ぐらいでやったんだろうな
なんて思ってたんだけど、式を挙げるって言ってた11月には、
もう籍を抜いていたようだ。
「そりゃさすがに式挙げるったら呼ぶだろ」って言われた。
数少ない父方の従兄弟だからな。気付けなくてすまん、って思った。

そんな衝撃の告白を受けた数時間後には、先輩の結婚式の二次会に参加していた。
男はネクタイ変えるだけだから便利だな。
しかし栃木は益子から大宮までの移動はキツかった。
年明けからずっと仕事が忙しかった上にそんな風にバタバタしてたら、まさかの連絡ミス。
取り纏め役失格という事で、おめでたい席なのにちょっと凹んでた。この日凹みっぱなし。


あぁ、そういや10年前もこのくらいの時期に大雪だったな。
小学1年の時からずっと飼ってた犬に、散歩中に突然衝撃的に死なれたのが1月13日。
週末になったら田舎に埋めに行こうと言ってたら、大雪で小田急線が止まって、
高校から家まで帰るのに難儀したのを良く覚えてる。
それでも親父が雪の中車で田舎まで連れてってくれたんだ。
着いたら、従兄弟が大雪だってのに穴掘って待っててくれたんだ。
ホントに気の良い奴で、今回相手に三下り半を突きつけられたそうだが、
「こんな良い子にこんなヒドい仕打ちをするなんて」という、
うちのおかんの意見には大賛成だ。

犬に死なれたのは辛かったな。初めて出来た彼女にフラレて凹みまくってたら、
そのすぐ後に超可愛がってた犬に死なれたんだ。何の兆候も無しに突然。

今回そんなわけで、犬の命日と、じいちゃんの法事と、先輩の結婚式と、
ついでに後輩の誕生日が重なってた。忙しい日だったな。


まぁ、なんで急に1月の話かって言うと、2週連続で雪が降って、
ふと色々思い出したから。
posted by ナンバー92 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連絡ってなに?
Posted by BlogPetのトボ at 2008年02月09日 09:19
小田急って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのトボ at 2009年01月20日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。